ミネラルとは

ミネラルは、人間が生きてゆくために必要とされている5大要素のうちの一つです
植物ミネラル

ミネラルとは

人間が生きてゆくために必要な5大要素のうちの一つ

人のカラダの構成要素を元素レベルでみてみると、酸素、炭素、水素、窒素の4大元素でできています。
それらの4つの元素で、からだの構成の約96%を占めており、 その残りの4%にあたる元素が「ミネラル」と呼ばれているものです。
人の体の構成要素
また、ミネラルは「無機質」ともよばれ、 人間が生きてゆくために必要な5大要素のうちの一つに定義されています。
人の体の構成要素
5大栄養素とは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルのこと。

農林水産省サイトでは、ミネラルを以下のように説明しています。
地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。
およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、 現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。
そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。



一般価格でのご購入はこちら

会員価格でのご購入はこちら

植物ミネラル

植物系総合ミネラル製品

ご購入
その他
植物ミネラルとは トップに戻る